別府ナーシングホーム泰生園のページへ
介護保険プランニングセンター別府のページへ
アリビオ別府のページへ
ルプリーズ別府(一般型)のページへ
ルプリーズ別府(認知症型)のページへ
リベラ・ホームのページへ
リベラ・ホームおぐらのページへ
ソボルテ別府のページへ
パンビジテのページへ
配食サービスのページへ
別府市生きがい活動支援通所事業所のページへ
泰生の里地域包括支援センターのページへ

別府ナーシングホーム泰生園のご案内

当施設は、歩行が自立して徘徊などの行動障害があり、一般の施設や病院などでは対応が困難な高度の認知症高齢者を対象にした認知症専門・専用施設です。施設にはコンピューターや各種ハイテク機器を応用した「ナーシング・ケアシステム」を開発し、ご利用者の安全と自由を計っています。従って、徘徊するからといって個室に収容し施錠、拘束したり、紐で縛るなどの拘束は一切行いません。又、認知症は心身機能がだんだんと低下し、最終的には歩行が困難となり、寝つくことも多く医療が中心になる場合は病院等への転入所(院)のご相談をさせて頂きます。又、在宅でのケアが可能なら在宅生活へのサポートをいたします。ご利用者に最も適したケアがうけられるようにご相談、お手伝いいたします。また、「総合おもいで活動」を積極的に行い認知症の進行予防に努めています。認知症があっても安全・快適に暮らせる住環境を整えています。

当施設の運営理念は、以下のとおりです。

@医学や心理学等々の関連科学に裏打ちされた専門性あるケア
A拘束や身体抑制を拝し、人として尊厳を尊重したケアの保障
B認知症を日常生活障害と捉えたケア
C在宅ケア支援の核となる施設運営
D福祉を地域生活文化のあり様と捉えた地域実践
E国際化に対応できる施設運営(情報発信とアジア諸国への支援)

施設の概要

1.施設の種類 認知症専門の特別養護老人ホーム
2.入所定員 長期入所54名
3.事業開始年月日 平成8年6月3日
4.入所対象者 介護保険被保険者証をお持ちの要介護者(要介護1〜要介護5)で、認知症症状のため、徘徊や迷子、昼夜逆転などさまざまな行動障害があり、生活のほとんどにお世話が必要であるか、家庭の事情などでそれが出来ない方で、住所地は問いません。
5.利用の手続き 直接、当施設へお申し込み下さい。
6.利用料 介護度別・職員配置基準及び援助内容による加算に対する利用料金の一割負担、食費・居住費・日用品費(実費)等となります。

●入所のお申込み、入所前の見学のお申込みについては、電話でお問合せか、直接施設へお越しください。

施設の写真

施設への地図のページへ