法人紹介

社会福祉法人 泰生会は、八幡様の全国総本社・宇佐神宮のある宇佐市に 総合ケアセンター泰生の里「宇佐」、温泉で有名な別府市に総合ケアセンター泰生の里「別府」の2カ所で総合ケア施設を運営しています。

総合ケアセンター泰生の里は、大分県宇佐市に総合ケアセンター泰生の里「宇佐」、大分県別府市に総合ケアセンター泰生の里「別府」の二つの総合ケアセンターを運営し、老いても心身に障害を持っても、安心して暮らせる街づくり・地域づくりに貢献しています。

ウエルBは、英語の Well beingからとりました
  Wellは、良いとか心地よいという意味です
  beingは、存在とかあり方という意味です
 従って、well beingは、良い存在、つまり福祉という意味になります

私たちは、
 子どもも若者も高齢者も−−−
  男も女も−−−
   障害者も健常者も−−−
    日本人も外国人も−−−
 誰でもがwell being、つまり幸せによい存在で
  共生していける地域づくりを目指しています。

ウエルBのBは、
 別府(Beppu)のB、beauty(美しい)のB
 bay(別府湾の湾)のB、beach(浜辺)のB、
 blue(青い)の空や海のB
 boy(少年)のB、brother(兄弟)のB
などなど、いろいろな気持ちを込めたBです

これをイラスト化すると下の絵のようになります

総合ケアセンター泰生の里の運営理念

   @医学や心理学等々の関連科学に裏打ちされた専門性あるケア
   A拘束や身体抑制を廃止し、人として尊厳を尊重したケアの保障
   B認知症を日常生活障害と捉えたケア
   C在宅ケア支援の核となる施設運営
   D福祉を地域生活文化のあり様と捉えた地域実践
   E国際化に対応できる施設運営(情報発信とアジア諸国への支援)

社会福祉法人泰生会
総合ケアセンター
泰生の里